• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-04 (水) | 編集 |
真っ暗闇の車内で、「ふもとっぱら」の情報を探す。


「てくてく歩いて池と富士山のコラボ」とかのブログは見つけたけど~。



「キャンプ場に貯水池」
…道路からはそんな池見当たらないけど…枯れた??


ここであろうキャンプ場のHPを見つけたら
「ふもとっぱら名物 逆さ冨士のポイント」って。

やっぱ、ここのキャンプ場だったんだ。


って事で、旦那の機嫌も戻り
翌朝、日が出る前にふもとっぱらキャンプ場に着!


入場料 2時間以内なら300円。 それ以上なら500円。
どこで払うのか、真っ暗でわかんない。
朝5時、管理棟も開いてないし。


明るくなったら、払おうって事で、旦那は池に向かう。

             

明るくなってきたら管理棟前のテーブルに
「封筒に車のナンバーと人数書いてお金を入れてポストに入金してください」って。



なんせ、キャンパー数人なので(極寒にキャンプってツワモノだよ)
車が入ってきたら、もろバレ。


ちゃんと入金して、気持ちスッキリ


やっぱ、出す物出さないとね。





富士山独り占めで、幸せな旦那の写真をどーぞ。




IMG_0260[1]




IMG_0272[1]




IMG_0308[1]




IMG_0335[1]



そこそこ満足な写真が撮れたみたいで、ご機嫌さん



富士山、恥ずかしがってないで良かった。

寒いけど、やっぱ冬の冨士は、かなりの確立で見られるから
年数回しか行けない観光客には冬が良いですねー。







この旅行が始まる昨日の朝から旦那に言おうか言わまいか悩んでた件、
言うならご機嫌な「今でしょ!」って事で

「昨日の朝、治療中の差し歯が取れて、 
 ごはんが噛めなくて、内頬に尖った歯が当たって痛いの。
 せっかくの旅行、帰宅するには、まだ早いんだけど
 痛くて我慢できないから、戻って病院に行きたい」



「はぁ~!?もう全部歯、抜いちゃえ」ってイヤミ一発言われたけど
なんとか帰宅してもらえる事に。
この程度のイヤミ、もう慣れっこさー。




戻る前に、せっかくだから河口湖の紅葉も見て行きたいと思い
時間気にしい気にしい河口湖に寄り道しました。


道沿いの駐車場にて1枚


IMG_0351[1]





当日まで、「紅葉祭」だったんですが
メイン会場の紅葉はどれもこれも落葉
枯れ木状態でした。


お気に入りの大石公園も同様


こっちも、数日前、すごい風だったのかな?





紅葉いっぱいだったら、旦那もウズウズして帰宅したくなくなるのでしょうが
落葉状態なので、スッキリ帰路につけます。





まだ午前中なので、サービスエリア駐車場もすいてるし
いつも渋滞する音羽蒲郡もスイスイ進めて、
無事、歯医者診療時間内に間に合いました。



ちなみに


原因の歯…


抜かずにぐずぐず治療続けていたのですが
ついに先生が匙をなげて「もう抜いちゃおっか」って…

クレハも飼い主も
歯抜け…








慌しい1泊2日の旅になりましたが
美味しい物食べられたし
満足できる写真が1枚以上撮れたし新ポイントも発見できたので
今回の旅はです。



次回は、「年末・本栖湖でのダイヤモンド冨士」かな~。

今回よりもっと寒いぞーーー



もっと極寒な河口湖冬の花火も旅行計画中。
この時は流石に宿に泊まります。
車内で凍死してたら残った者が恥じかきますから。笑









2013-12-03 (火) | 編集 |
田子の浦を出発して、他の「富士市富士山百景」を探していたんですが
観光客には、場所探しが難儀で、諦めて、
次の目的地・伊豆修善寺の「虹の郷」を目指しました。


そこそこ渋滞してやっと到着して
駐車料金払って降りようとしたら
もう「台風か!?」って言うほどの暴風で…


それでも、一応、入場しようか…と思いつつ
受付に向かったのですが

『前日の暴風で紅葉の半分以上が落葉してしまいました。
 ご理解の上、入場してください』って張り紙が。





良心的です。




黙っておいて入場料払わせて、入らせて客、落胆…でも
客商売としてはありえるんでしょうが
ちゃんと事実を伝えてるって、ありがたいです。



落葉してるわ、三脚立てられないほどの強風だわ…で
有料道路代・駐車料金代払ってまで、伊豆に来たんですが
スッパリ諦めて、静岡県に戻る事にしました。



私の計画では、
「虹の郷でライトアップ紅葉見て
 伊豆の道の駅で車中泊して
 翌朝、帰宅がてらウロウロする」
だったのですが、見事に玉砕したので
その後の計画は旦那にバトンタッチ。




「朝霧高原のふもとっぱらって所に行ってみたいんだ」って言うので
ナビ様をセットしてGO!

かなり大渋滞して、着く頃には日暮れ…


目的地もイマイチわからなくて
旦那イライラするし。


夕景と富士山を撮り損ねて、不機嫌な旦那を無視して
「早朝、再度、ここで挑戦しようじゃないか」ってなだめて
朝霧高原道の駅に到着。



夕飯の用意していなかったので
(途中のコンビニに寄る余裕さえ旦那には無かった)
道の駅の食堂閉店20分前に飛び込んで
即、作れて即、食べ切れるメニューを選ぶ。(私達は小心者)


食事中、従業員さんが、カーテン閉めたり後片付けし出したり…
おおお居辛い…


でも、すきっ腹&寒さには温かい食べ物が喉を通る幸せ



ちゃちゃっと早食いして、車内に戻る。



寝るにゃまだ、あまりにも早い6時半…

もう真っ暗で、やる事も無いし寒いし。



DSCN0031[1]




DSCN0035[1]






布団かぶってないと寒すぎる=寝る


って事で、寝ます。


「眠れなくても寝る!」

って言うのが車中泊の心得のような気がします。



翌朝に続く
2013-12-01 (日) | 編集 |
先週に行く予定だった富士方面。
親戚の葬儀が入り延期に。


29~30日で行ったんですが、紅葉はもう落ち葉状態。
先週がピークだったでしょうねー。残念です。

まー、宿取っててキャンセル料払わなくて良いだけ
諦めが付くと言うものです。


今回の目的は

①「静岡県富士市主催・富士山百景写真コンテスト」
  に応募できる写真を撮る!

②ライトアップの紅葉を撮る!



だったんですが……



どっちもボツになりました。




富士市から見える富士山は、観光客には難しいです。

市民の生活の上に富士山があるので。


地元の人々にはそれも含めて哀愁であり思い出でしょうが
観光客には「煙突がね…」とか「送電線がね…」って感じで。



もう冬なので、パンフレットに載ってる「絶景ポイント」
薔薇は無いし、レンゲ無いし、桜無いし。笑



コンテストに出せる写真は撮れませんでしたが
「田子の浦」は最高でした!!!


田子の浦目指すと、港公園がありました。
そこに駐車してぶらぶらお散歩。



PB299267[1]




PB299274[1]




小高い人工の山の展望台。

平日だからかな、誰もいないから、まったり。


小さく写ってるカメラオヤジが旦那。
     

PB299277[1]



PB299299[1]




堤防をへっぴり腰で歩いて行くと


PB299303[1]




船着場。

PB299311[1]



午前11時近くだから漁は済んだのかな?


仕事中だったら、邪魔だよね。


PB299315[1]





漁港で、観光客が食事してるーーー!!
「行ってみよー!」って事で
犬を連れてない旦那がリサーチ。


「俺が買ってくるからテーブルの端っこで食べれば大丈夫だろ」って
勝手に決め付けて(ホントは店員さんに尋ねるべきですよ。反省)
富士山盛り2膳お買い上げ~


生シラスに釜揚げシラスもうてんこ盛り

味噌汁にもシラス入り。

PB299318[1]


飯と汁碗が反対だって事はスルーして
せわしなかったの。(言い訳)



もうめっちゃ美味しい~!!!

生シラス、どっさり!!



大満足これで800円。
最高!!

「絶対、又、これ食べに来ようね!!」って旦那と約束。



今、田子の浦漁港のHP拝見したら、
「11月30日をもって今期の営業終了しました」って。


数日前の「お知らせ」には
「今日は不漁の為、生シラスは冷凍のものを使用しています」
そういう時もあるのねー。

じゃあ、私たちが食べた29日は?って見たら
「今朝、獲りたて生シラスです!」って。

えええええええ!?
私たちってめっちゃラッキー!!



次回、行く時は、、このHPを見てから出かけなきゃ。
(この経験を来年覚えていたら…)




田子の浦漁港と冨士とハル


シラス1匹も貰えず飼い主の足の下でヒンヒン鳴いていた無表情のハルお嬢様

PB299323[1]








さ、車に戻って、次に進みましょう。
2013-11-27 (水) | 編集 |
普通にしていたら、わかりませんが

DSCN0025[1]





クレハ、
前歯上下各3本ずつ抜歯…


DSCN0022[1]




DSCN0024[1]



子供の頃から石遊びが好きだったクレハ。


石に付いてる雑菌が歯茎に入り込んで、
それが日々ジワジワ侵食していって
ついに抜歯しなければいけない状態に。

まだグラグラーーーってほどじゃなかったんですが
高齢になってからの全身麻酔は危険なので
思い切って…



クレハもバアサンの仲間入り。


でも、早過ぎだよーー
2013-10-21 (月) | 編集 |
前回は芦ノ湖にある道の駅「箱根峠」で、
もやもやしながら、
「どーせ富士山見えないんだし」って事で
芦ノ湖観光は止めて、山中湖へ走ったんですが
今回は、もう一寸粘って、富士山絶景を探してみる事に。



「無料駐車場」ってのが目に入ったので
そこに停めてみる。

やっぱ庶民、「無料」が嬉しい。



観光船の駐車場で、
そこ着いて知ったのですが
箱根駅伝の、往路ゴール地点だったのですーーーー!


もう毎年欠かさず、箱根マラソン見てる私には
テンション上がるーーーー


PA129166[1]




駒澤大連覇懐かしい!!

今年の出雲駅伝は常勝駒澤復活です!



PA129167[1]



箱根マラソンミュージアムって言う建物ありました。


…そこ見学するほどの通では無い…へへ


毎年、若者が頑張って走ってる姿、見るのが好きなんですよね。
気持ちは頑張ってるのに、脱水しちゃったりとか、
足が痙攣して、急にペースダウンしちゃったりとか、
いつアクシデントが起こるか、わからないので、
2日間、テレビにかじりついています。
旦那は、
「関東だけの大学で盛り上がって、東京中心的だ。
 やるなら全国選抜大学でやるべきだ」って否定的なので
1月2~3日の昼間は、夫婦険悪ムードです。


話、戻しまして。




芦ノ湖観光船駐車場の看板を見て
芦ノ湖ハイキングコースで1周できるみたいで
「折角、折りたたみの高価な自転車買ったんだから
 見渡して来い!自転車使うのだろ!」と
強引に旦那に自転車乗らせて、写真ロケハンに行かせました。



私と犬は、湖畔でボーーーー。




鴨親子見たり

PA129169[1]





観光船見たり

PA129171[1]







旦那が撮ってきた写真。


道から見える富士山はこんなもんらしいです。

ちょびっとだねー。


4[1]





小さな神社があったそうです。


5[1]




6[1]


芦ノ湖1周する自転車も多くて
彼らとすれ違う際、「俺の自転車見て驚いてた」って喜ぶ旦那。


オッサンには勿体無い自転車買ったからねー。

高いんだから、もっと乗って元取って下さいよ。お願いしますよ。
折りたたんだまま、車内放置じゃ、無駄遣いっすよ。


因みに、折りたたみ自転車で5万円っすよ。奥さん!
奥さんなら、5万、にこやかに旦那に渡せますか???


…又、話がそれました。



「湖畔ではもう無理!」って事で山道行くことに。



富士山絶景本に「ターンパイクからの~」って載ってるので
探しながら走るのですが、イマイチわかんねー。


ターンパイク有料道路って看板通り走って
ゲートくぐって、絶景探したけど「???」であっという間に
料金所「150円」


納得いかなーーーーーーーーい!!!



ぐるぐる走り回って、やっと「ターンパイク」って2箇所ある事が判明。



ターンパイクのレストラン&駐車場見つけて、
トイレ休憩と夕日までの時間つぶし。




8[1]




9[1]



10[1]


11[1]



夕日が左の山の裾野に落ちるので
太陽が富士の裾野に落ちる劇的な写真は季節的に無理ですが
まぁ、無事、晴れて&富士山が見られて良かったです。





さ、太陽が落ちたら、いつもの河口湖大石公園に向かいます。



帰りは一般道で。

芦ノ湖畔林道で、子だぬきの後姿見ました。


デブコーギーのお尻みたいにプリップリでめちゃ可愛かったー。


たぶん、旅館のおこぼれ頂いてるんだろなーって。肥満狸…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。